カテゴリー:金属加工材料

  • ろう付けと溶接の違い

    金属接合法の一種であるろう付けは溶接と非常に似ていることから、どうしても混同されて考えられてしまいます。 金属接合で有名な工法の溶接は母材を溶かしてしまいますが、ろう付けでは接合する母材よりも融点の低い材料を溶かし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 制振機能のある金属 スターサイレント

    金属シャフトの切削作業時に発生する金属音は、切削点からの衝撃・振動が切削工具全体に伝わることで発生する「びびり振動」が原因とされています。 このびびり振動は加工面を荒くしてしまうだけでなく、工具の寿命を縮めてしまったり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アモルファス

    アモルファス合金は耐久性や透磁性に優れて電気抵抗が高いといった性質をもっていますので、機械の電磁ヘッドやトランスの鉄芯の材料などに適しています。ですので、アモルファス合金のスリット加工品は、モバイル機器やスマートフォン、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属のヘラ絞り

    金属のヘラ絞りはスピニング加工とも呼ばれることのある加工方法で、管や板状の金属材料を回転させ、材料の一部分だけに塑性変形を与えていくことで希望通りの形状に仕上げます。 金属加工の中でも難易度の高い加工方法として有名で、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アルミの半田付け

    アルミの半田付けはDIY初心者にとって難しいことのように聞こえてしまいますが、個人で楽しむ程度の半田付けならホームセンターに売っている道具だけでも簡単に出来てしまいます。 今回ご紹介する摩耗半田式に用意するものはス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 純銀ストラップを手作りする方法

    純銀を手に入れればご自身でオリジナルの純銀ストラップを作ってもらうことが出来ます。 まず純銀をハンディバーナーを使って溶かしていきましょう。 純銀は960度が融点なので、それに近い、若しくはそれ以上の火力のあるハ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 保険の金属と正式な歯科用金属

    歯科治療にも使われる金属、銀歯は日本で開発された独自のもので、世界が正式に認めている歯科用金属とは少し違います。 本来の正式な歯科用金属の金の配合は17〜22カラットのものとなっていますが、銀歯はわずか3カラットし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アルミニウムの性質 テルミット反応

    アルミ箔を酸素濃度の強い密封空間に入れて線香の火を近づけてみると、激しい光を放ちながら一気に燃え、アルミ箔は無くなってしまいます。 燃えた後に残る白いものは酸化アルミニウムで、アルミニウムには酸素とくっつきやすい、つま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ルーターの使い方

    金属加工の他にも木材加工やガラス彫刻などが可能な多機能ルーターの使い方をご紹介致します。 こうした多機能タイプのルーターは先端を付け替えることで木材彫刻やガラス彫刻、研磨作業を可能にしています。 金属加工に使うの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の熱伝導性

    プラスチックのスプーンと金属のスプーンを頬に当ててみると、金属の方がひんやりと感じると思いますが、これは金属の熱伝導が関係しているのです。 金属の熱伝導を調べる為に鉄の薄板と銅の薄板を用意し、それぞれに温度が高くな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る