カテゴリー:金属加工材料

  • アルミニウムの性質 テルミット反応

    アルミ箔を酸素濃度の強い密封空間に入れて線香の火を近づけてみると、激しい光を放ちながら一気に燃え、アルミ箔は無くなってしまいます。 燃えた後に残る白いものは酸化アルミニウムで、アルミニウムには酸素とくっつきやすい、つま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ルーターの使い方

    金属加工の他にも木材加工やガラス彫刻などが可能な多機能ルーターの使い方をご紹介致します。 こうした多機能タイプのルーターは先端を付け替えることで木材彫刻やガラス彫刻、研磨作業を可能にしています。 金属加工に使うの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の熱伝導性

    プラスチックのスプーンと金属のスプーンを頬に当ててみると、金属の方がひんやりと感じると思いますが、これは金属の熱伝導が関係しているのです。 金属の熱伝導を調べる為に鉄の薄板と銅の薄板を用意し、それぞれに温度が高くな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 枚岡合金工具株式会社

    常に不屈のチャレンジャー精神を忘れず、新しい金型の製作に取り組んでいらっしゃる会社です。 ただ単に依頼された製品を製造するのではなく、製品について気付いた点やより改善のある点等があればすぐに提案してくれるのも特徴です。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アルミニウムの燃焼について

    燃える金属と聞くとマグネシウムやスチールウール、即ち鉄の燃焼が思い浮かぶと思いますが、実はアルミニウムも燃えやすい金属の一つなのです。 私たちの身近にあるアルミにはアルミニウム箔がありますが、料理に使ったとしても簡…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • クロムについて

    私たちが普段良く見る水道は、いつも水に塗れているのに錆びたりすることがありません。 なぜかというと水道には錆びに非常に強い金属であるクロムがメッキされているからです。 またこのクロムは私たちの体の中にも微量に存在…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1600℃の鉄球を氷に乗せてみる実験

    1600℃に熱した小さな鉄球を分厚い氷の塊に乗せるとどういう結果になるのかという実験をご紹介致します! 鉄球が冷えるのが先か、鉄球が真っ直ぐ氷を突き抜けるのが先なのか結果が気になる所です。 氷は事前に準備しておき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アルカリ金属の特徴

    アルカリ金属は密度が小さい事から、とても柔らかくナイフを使えば簡単に切断出来てしまうのが特徴です。 最大の特徴として反応性が非常に大きい事が上げられますので、実際に手にする時だけでなく、保管するのにも厳重に取扱わな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人体にもある金属

    金属と聞くと何かの部品や道具として使われているイメージがありますが、実は人間の体の中にも色んな金属が含まれており、私たちが生きていく上で欠かせない働きをしています。 例えば鉄は血液中に存在しており酸素を運ぶ役割をし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属アレルギーについて

    トラブルの多い金属は、水銀、ニッケル、コバルト、クロムや鋼等のよくアクセサリーにも使われる金属です。 金属が汗等の影響でイオン化し、体内に侵入する事でアレルゲンになってしまうことを金属アレルギーと呼びます。 普通…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る