鉄フライパンのお手入れ方法

焦げ付いてしまったフライパンは使わなくなってしまう、捨ててしまうという方が多いと思いますが、ちょっとしたメンテナンスで簡単に生まれ変わらせる事が出来ます。

まず「焼き切り」と呼ばれる方法で、フライパンのこげにバーナーを当てる事で炭化させ、炭化した部分をヘラを使って削り落としていきます。
バーナーで集中的に炭化させてヘラで削る、をフライパン全体にかけて行なっていくだけですので、誰でも簡単に出来る方法だと思います。
続いて空焼きする準備として地金をむき出させる為に、サンドペーパーを使って鉄を削っていきましょう。
削った鉄の余分なカスをちゃんと落としたら、カセットコンロを使って地金を熱し、酸化皮膜を張る「空焼き」の作業をして、キッチンペーパーなどを使ってフライパンに油をたっぷりと塗ったらメンテナンス完了です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る