金属のヘラ絞り

金属のヘラ絞りはスピニング加工とも呼ばれることのある加工方法で、管や板状の金属材料を回転させ、材料の一部分だけに塑性変形を与えていくことで希望通りの形状に仕上げます。
金属加工の中でも難易度の高い加工方法として有名で、作る人がどれだけの熟練度かによって、同じ商品でも大きな差が生まれてしまうとも言われているのです。

金属材料の一部分だけに加工を加えられるというのがミソで、主に回転体の加工、つまり私たちが日常使う物に例えると鍋やヤカン、鈴などの加工に適しています。
また大きい物になると、航空機や宇宙ロケットなどの部品にも使用される技術です。

加工する為にはヘラに加える力を今の変形状態を見極めながら加減していく必要がある為、殆どが人の手によって行なわれる加工でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る