金属加工工具 ジグゾーの使い方

今回は切削加工に使える電動工具、ジグゾーの使い方をご説明致します。
たまに少し使い方が違うジグゾーもありますが、多くの種類が同じ構造をしていますので、この基本さえ覚えておけば使い方に困る事は無いでしょう。

まず手持ち部分を握った先、裏面にあるトリガースイッチを引くとブレードが上下に動き出します。
このトリガーの引きの強さで刃のスピードを調整できるというここまでが、基本中の基本操作です。
ブレード部分に専用の刃をセットし、それぞれの刃に対応した材料を切断する事が可能となっています。
刃の種類はいくつかあり、木工用、金属用、プラスチック専用と材料の種類だけでなく、直線を切るか曲線を切るかでも別の刃が用意されているので、使用前に目的の加工に適した刃がセットされているか確認しましょう。

ノコギリとの違いは実際に使って頂くと分かると思いますが、高速且つ少しの力で切断が可能な事、そして大きな違いとして曲線も容易に可能と言う点が挙げられるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る