ろう付けと溶接の違い

金属接合法の一種であるろう付けは溶接と非常に似ていることから、どうしても混同されて考えられてしまいます。

金属接合で有名な工法の溶接は母材を溶かしてしまいますが、ろう付けでは接合する母材よりも融点の低い材料を溶かして接着剤として用いる為、場材を溶かすこと無く接合することが可能です。
ろう付けの中にもはんだ付けや無酸化炉中ろう付け、そして大気ろう付けなど様々な種類があり、例えば無酸化炉中ろう付けだったらフラックスを使わないから後処理が必要ない等の特徴がそれぞれにあります。

無酸化炉中ろう付けの流れを少し説明すると、2つの母材の接合部にろう材をセットして炉の中に投入してからおよそ1時間程度でろう付けが完成します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る