合金の性質や種類について

金属は生活の中で多数使われているため、とても身近な存在と言えますが、人間が長く使うためには金属に軽さと丈夫さ、さらには錆びにくさが求められているのです。

多く使用されている金属は、単体ではなく複数の金属が合わさって作られた合金であり、合金にも様々な種類がありますよ。

真鍮やブラスという別名もある、黄銅と呼ばれる合金は亜鉛と銅が合わさっていて、五円玉や金管楽器などに使用されています。

ステンレス鋼は鉄やクロムやニッケルが合わさっていて、硬さや錆びにくさがあるため医療器具や調理器具の用途で多く使われていますよ。

ジュラルミンは銅やマグネシウムやアルミが合わさっていて、軽くて硬く錆びにくいという特性があるため車両や航空機などに使われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る