ガリウムの特徴

融点が30℃と低く、人の体温でも溶けてしまうガリウムという金属は他にも様々な特徴があります。

例えばガリウムは他の金属を浸食してしまう性質もあるので、他の金属と一緒に取扱わないように注意しなければなりません。
また素手で触ると手が黒くなって汚れてしまうため、ゴム手袋などをして取扱う等の注意も必要です。

一度溶けたガリウムは冷やせばまた固形になりますから、色んな形にして遊んでみるのも楽しいですね。
インターネットでも購入することができるので自由研究の題材としても面白いと思います。

アルミ缶の上にガリウムを乗せて浸食までどの程度の時間が必要なのか、浸食された金属はどうなるのかなど、ガリウム一つで色んな実験が楽しめますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る