アルミのザグリ加工

ザグリ加工とは、ボルトの頭が出っ張らないように締め付けをする為の加工のことです。
出っ張りが無くなることで見た目もスリムになりますし、触り心地もとても滑らかになりますので、ボルトによる引っかかりを無くしたい時には必須の加工です。

最初にボルト用の穴を空ける時にはドリルの2.5で仮穴を空ける所から始めましょう。
続いてM3のタップを切っていき、穴が開いたら一度ボルトを通してどの程度頭が出っ張ってしまっているかを確認しておきます。
確認できたら再びドリルで貫通させないように斜めの穴を空けていきましょう。

調整出来た穴に再びボルトを差し込んでみて、フラットになればザグリ加工の完了です。
実際は一回の調整でフラットにさせるのは難しいですから、2、3度ボルトを締めて確認して調整してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る