発泡スチロールよりも軽い金属

米カルフォルニア大学やアーヴァイン大学などの合同研究によって生み出された非常に軽い金属「マイクロラティス」が注目を浴びています。
この金属は発泡スチロールの100分の1程度の重さしか無く、たんぽぽの綿毛にも乗ってしまうほどの軽さだそうで、現時点では世界最軽量の金属素材とされています。
そしてこの軽さからは想像出来ないほどの高い強度も備えているそうです。

この金属が軽くて強い理由にはその特殊な構造にあります。
髪の毛の1000分の1程度の厚さしかない金属糸を格子状に編み上げていて、中身はほぼ空洞となっているのです。
こうした構造になっていることから、特に加えられた力を吸収する力に優れています。

マイクロラティスは開発依頼されて作られたものということで、残念ながら現在普及はしていませんが、将来的には幅広い分野での活躍が期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る