ものづくりには欠かせない金属加工は、金属を加工し、製品や部品を作り上げる技術のことを指します。

金属加工には大きく分けて二つの方法があります。
まず一つ目は、旋削加工、中ぐり加工、穴あけ加工などを行なう「削る」加工、そして二つ目が、平面磨きや外面磨きなどの「磨く」加工です。
また、溶かしたり切断したりというような、これら二つに含まれない加工も多くあります。

さらにもっと細かく分けようとすれば、非常に多くの分類が生まれます。
なぜなら金属加工は、鉄鉱石やアルミニウムといった原料の加工から既に始まっているものだからです。
これらの原料を熱処理や圧延して加工紙、金属材料に形を変えた後、製品として使えるように切断や成型などの金属加工を行うことで、やっと一つの金属製品として完成するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る