金属の電気に関する性質

金属は電気をよく通すのが性質の1つですが、それぞれ電気を通しやすさは変わってきます。

最も電気を通しやすい金属として挙げられるのが銀です。そして続いて銅、金、アルミニウム、鉄が電気の通しやすい順となります。
ただしジュースなどに使われているアルミ缶に関しては、電気を通さないようにする塗料が塗られていますので電気を通しません。
このアルミ缶も塗料を削るなどしてなくしてしまえば、当たり前ですが他の金属と同じように電気を通します。

電気を通しにくい金属を挙げるとするならばチタンが挙げられます。
金属の性質の1つには「熱を通しやすい」というものもありますが、チタンは電気も通しにくく、熱も通しにくいといった金属となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る