金属と聞くと何かの部品や道具として使われているイメージがありますが、実は人間の体の中にも色んな金属が含まれており、私たちが生きていく上で欠かせない働きをしています。

例えば鉄は血液中に存在しており酸素を運ぶ役割をしていますが、怪我をした時に血を舐めると鉄っぽい味がするのはそういう事なのです。
また亜鉛は身体の病原菌を追い払ったり、怪我の修復をしてくれたり、お子様が成長をする為にも必要な金属になります。

一番ピンっとくるのは恐らく歯や骨に含まれているカルシウムでしょう。
カルシウムも金属で、筋肉を動かしたり脳への影響を与えたりとこちらも大切な役割があるのです。
そしてナトリウムやカリウムは神経の役割に関わっており、触ったものの感覚を脳に伝えたり、逆に脳からの伝達を全身に伝えたりしてくれます。

これらの体内にあって活躍している金属は総合して「ミネラル」と呼びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る