プレス加工の基礎知識

プレス加工とは、金型に材料をいれて圧力を加えることで、材料を金型通りの形に変形させる加工方法のことです。この材料のことは被加工材と呼びます。
また、プレス加工という呼び方が広く浸透していますが、塑性加工とも呼ばれることがあります。

プレス加工の最大のメリットは、一度金型を作れば同じ製品を低コスト・短時間で大量生産することが出来るという点でしょう。
特に多くの部品が必要になる自動車の製造にプレス加工が大活躍しています。

一方でもちろんデメリットもあります。
プレス加工は金型ができればその後は低コスト、短時間で製造が可能ですが、そこまで至るまでにある程度の準備期間やコストがかかってしまいます。
また、金型の形状を変更することが非常に難しいため、長期的に使えるといえる部品に使用するのが望ましいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る