加工時に金属バリが発生する原因と対策とは?

金属を加工する過程で発生するバリは「かえし」とも呼ばれていて、この棘のような形状の金属の残留物は金属加工の際に必ずと言っていいほど発生する可能性がありますよ。

バリが残ったままだと製品の精度低下に繋がりますし、怪我してしまうリスクがありますので安全な生産のためにもバリの原因と対策を知っておく事が大切なのです。

金属バリは切削や研削、鋳造や成形、せん断加工など工程ごとに意図せず発生する事が考えられ、加工する際に隙間があったり変形があるとバリができる事が多いでしょう。

見つけたら除去する必要がありますが、機械で取り除くか研磨して削り取るか、どちらかの方法を選ぶ事になりますよ。

対策としては、設計段階でバリが発生しづらい形状や方法を選ぶ事が大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る